2021
8 3 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2021年7月22日

〈非ニコチン系喫煙具EC〉人気商品は900万本のヒット/女性比率8割の商品も

*
フレーバーを楽しめる「ドクターベイプ」
 在宅勤務の増加や、法改正による屋内の禁煙化を受け、ニコチンを含まない喫煙具(以下、非ニコチン系喫煙具)が、ECで大きく売り上げを伸ばしている。度重なるたばこの値上げも追い風となっているようだ。17年設立のロックビル(本社東京都)が18年にECで発売した非ニコチン系喫煙具「ドクターベイプ」は、現在定期購入の利用者が7万人を超えており、専用カートリッジの累計販売本数は900万本を超えている。20年12月期のEC売上高は本紙推定で30億円。その大部分を「ドクターベイプ」で上げているとみられる。HAL(本社沖縄県)が20年6月にECで発売したニコチンゼロの喫煙具「Dr.Stick(ドクタースティック)」は、累計の販売個数が200万個を超え、予約待ちの状態が続いているという。コロナ禍と、屋内の原則禁煙化が重なったことから、売りやすい市場環境が整ったとみて、同市場に参入する企業も多い。「ニコチンを含まない喫煙具」は今後、新たなリフレッシュツールとして市場を拡大していきそうだ。

ロート製薬/ファーマフーズと資本業務提携/商品開発・国内通販・海外展開で

 ロート製薬は7月16日、健康食品・化粧品メーカーのファーマフーズと資本業務提携すると発表した。両社の製造・販売の機能を生かし、「商品開発」「海外展開」「国内通販のプラットフォーム活用」の三つの分野で、戦略的業務提携を進めるとしている。  ロート製薬は2021年3月末時点で、ファーマフーズの株式40万株を保有している。今後、市場買付の方法で、20万株を上限に、新たに取得する予定だ。計60万株を持 ...

オフィスコム/物流約2.6万平米に増床/初の撮影スタジオも完備

 オフィス用品のECサイト「オフィスコム」を運営するオフィスコム(本社東京都、室木剛社長)は、東日本物流センターの移転に伴い、床面積を従来の2・6倍にあたる約2・6万平方メートルに増床した。21年7月から本格稼働する。  倉庫内には同社初となる撮影スタジオを完備。カスタマーセンターも併設し、顧客対応の品質向上とスピードアップを目指す。  東日本物流センターの移転・増床は、業容拡大で増加した出荷 ...
ページのトップへ