2024
3 2 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2024年2月29日

【アフターコロナでも成長する食品EC企業】希少性、オフラインが鍵/業界トップから成長戦略を聞く

*
食品EC業界の商品分野別トレンド(各分野の成長予測を天気図で紹介)
 「アフターコロナでも成長を続ける食品EC企業の特徴は何なのか」─。成長企業を取材する中で、「ここでしか買えないという希少性」「オフライン展開」という二つのキーワードが見えてきた。オフライン展開も、ただポップアップストアを開設するだけではなく、そこに人が集まる自然な導線作りが重要となる。日本ネット経済新聞では、「菓子」「海産物」「飲料」「百貨店」など食品を取り扱う各業界のトップ企業にインタビューを実施した。各社の取り組みから、今後の食品ECの成長戦略が見えてくる。(2~8面に関連記事)

楽天グループ/出店料を約3割値上げ/月額固定費を6月から変更

 楽天グループは2月22日、「楽天市場」の基本出店料(月額固定費)の変更内容を発表した。24年6月1日から、各プランの基本出店料(月額固定費)を一律、約3割値上げする。  「楽天市場」は08年に現在の出店プラン体系になってから、16年間にわたり基本出店料(月額固定費)を維持してきた。しかし、人件費、電気代、システム管理費などの高騰を含む外部環境の変化への対応に加えて、さらなる店舗運営支援やユーザ ...

日清食品/通販売上高100億円が射程圏内/事業譲受した「ラクトフェリン」が軌道に

 「カップヌードル」などを販売する食品メーカーの日清食品はこのほど、本紙の取材に対して、健康食品を中心とした通販で、売上高100億円を射程圏内としていることを明らかにした。日清食品では23年11月、ライオンの「ラクトフェリン」シリーズなどの機能性表示食品事業の一部を譲受していた。日清食品では、「『ラクトフェリン』の通販事業と、『トリプルバリア』など既存の健康食品の通販事業を合わせて、業績を大幅に拡 ...
ページのトップへ