2018
1 22 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2018年1月18日

【EC企業各社〈17年末物流状況調査〉】遅配やカラ配達の事例も/入念な準備で配送トラブル避け

*
年末配送の直前で委託先を振り分けた、チチカカの福袋
 本紙は18年1月、主要なEC企業約30社を対象に、年末の出荷状況や、配送トラブルの有無などについての聞き取り調査を実施した。EC企業各社からは「遅配が増えた」「荷受け制限を急に言い渡された」といった、数々の悲鳴の声も聞かれた。背景には、配送会社の値上げや総量規制に端を発した一連の物流危機があるようだ。クリスマス用ギフトやおせちなど、年末年始に需要が集まる商品を扱う企業については、影響が特に大きかった。未配達のまま顧客に配達完了が伝えられる「カラ配達」など、さまざまなトラブルが起きていたようだ。一方で、物流の混乱が予想される年末に向けた、事前の準備を入念に進めた結果、トラブルを回避できたといった企業も少なからずあった。

【EC企業各社17年末物流状況調査】〈家具・家電〉出荷量の大幅な制限も/外部サービス利用でトラブル回避

 家具や家電などの大型商品を扱う企業では、年末の出荷量増加を見越して、秋口に配送会社から出荷量の大幅な制限を言い渡されたという企業が2社あった。別の2社では、指定日に届かない遅配なども発生したという。一方で、FBAなどの外部の物流サービスを利用して、負担の軽減を図った結果、「混乱がなかった」と話す企業もあった。

ロコンド17年3―11月期/EC売上高34%増/出荷件数、出店ブランド増加で

 ロコンドの17年3―11月期(第3四半期)のEC売上高は前年同期比34・5%増の23億7400万円で、商品取扱高(返品前)は同24・5%増の71億9700万円だった。  同期間における自社サイト、他社モールを合わせた出荷件数が70万件、出店ブランド数が1907ブランドに拡大し、売り上げ増を後押しした。  ブランドの公式ECサイトの運営支援、倉庫受託などを行うプラットフォーム事業の売上高は同5 ...
ページのトップへ