2018
5 27 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2018年5月24日

【楽天SOY受賞店舗概要調査】平均CVRは4.9%/送料無料やギフトで高水準

*
「chuya―online」では枠付きの商品画像がCVR改善やアクセス数の増加に貢献している
 「日本ネット経済新聞」はこのほど、「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー(SOY)2017」の受賞店舗を調査した。ECモールの優良店を分析するためだ。それによると、コンバージョン率(CVR)は有効回答10社の平均が4・9%だった。全品送料無料を実施する店舗や、ギフト向け商材を扱う店舗で高水準だった。受賞店舗運営会社のEC全体における平均売上総利益率は36・7%となっている。(4・5面に関連記事)

オイシックスドット大地18年3月期/連結売上高は約400億円/会員数が約17万人に拡大

 オイシックスドット大地の18年3月期の連結売上高は前期比73・7%増の399億8700万円で、期初計画を5・2%上回った。グループの大地を守る会の売り上げが上乗せし、オイシックスでは会員が増加した。  EC売上高は「Oisix(オイシックス)」が247億9900万円、「大地を守る会」は112億1500万円だった。  オイシックスは、ミールキットの販売が好調で、累計出荷数は18年5月に1000 ...

夢展望18年3月期/売上63%増の50億円/当期純利益は黒字に転換

 夢展望の18年3月期売上高は、前期比63・9%増の50億7500万円だった。製造小売り(SPA)モデルを強化したことにより、製造コストを削減。販売チャネルに応じた商品提案、顧客データ分析に基づいたCRM施策が奏功した。当期純利益は黒字に転換している。  商品企画の精度が上がり、ゾゾタウンやショップリストなどファッションECモールのランキングに多くの商品が入った。SPAを強化したことで、収益力が ...
ページのトップへ