2020
10 23 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2020年10月22日

〈外食チェーン〉本格化するEC展開/売上高3倍の好調企業も

*
〈各社が使用しているシステム〉
 新型コロナウイルスの影響で、飲食店によるEC展開が活発化している中、外食チェーンのECが好調だ。ECを売り上げの柱とする計画を定めたり、通販事業部を新設するなど本格的な取り組みも目立つ。ラーメンの一蘭(本社福岡県)は、20年1―6月期(中間期)のEC売上高が前年同期比3倍に、太陽のトマト麺を展開するイートアンドホールディングス(本社東京都)は、ECサイト開設2カ月で300件以上の注文があった。実店舗を生かした施策が奏功している一方で、新規顧客の獲得が次の課題となっているようだ。

ビックカメラ20年8月期/EC売上1487億円/コロナ禍受け37.5%増

 ビックカメラグループの20年8月期連結EC売上高は、前期比37・5%増の1487億円だった。コロナ禍で、店舗の利用者が減少した中、その受け皿としてECの売り上げが大幅に伸長した。  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、グループ各店舗の営業縮小を行ったこともあり、ECの存在感が高まった。ECサイト内に設けた商品の使い方などをまとめた特集ページも、購入促進や検索流入につながった。  EC事業の伸 ...

ユニクロ20年8月期/EC売上1076億円/コロナ禍のPR奏功、下期は54%増

 ユニクロ(本社山口県、柳井正社長)の20年8月期におけるEC売上高は、前期比29・3%増の1076億円となった。下期(20年3―8月)のEC売上高は、前年同期比54・7%増と大幅に伸びた。コロナ禍でECのプロモーションを強化したことが増収に寄与した。  EC事業では、デジタル広告やテレビCMでECの情報発信を強化した。アプリ会員向け特別限定価格サービスを開始したことも、ECの新規顧客獲得につな ...
ページのトップへ