2019
4 23 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2019年4月18日

〈コンビニ物流に着目〉EC商品の返品や店頭受取りで

 コンビニエンスストアに商品を納品する、既存物流が着目されている。三菱商事は4月1日、ローソンの物流網を使って、レンタル商品やEC商品の返却・返品を受け付けるサービスを都内で開始した。スクロールの子会社で通販支援などを手掛けるスクロール360は昨年11月、ファミリーマートの配送網を利用して、ECサイトで購入した商品をファミマ店頭で受け取れるサービスに着手している。ともに既存の物流網を活用しているため、宅配便より安価な配送料が特徴だ。コンビニ以外の既存物流網も物流手段として注目されそうだ。

アマゾンジャパン/公取委調査受け撤回/出品者負担のポイント制度を

 アマゾンジャパンは4月10日、5月23日から行うとしていた、出品者が最低1%のポイントを負担する制度の開始を撤回した。公正取引委員会は同11日、アマゾンジャパンの同ポイント制度が、独占禁止法上の「優越的地位の濫用」に当たる可能性についての調査を行っていたことを公表した。アマゾンジャパンは同調査を受けて制度の撤回を行ったとみられる。  アマゾンジャパンが出品者に向けて配信した内容によると、同社は ...

ほぼ日19年中間期/売上高4.0%増/19年版手帳の販売が伸長

 ほぼ日の18年9月―19年2月期(第2四半期)の売上高は、前年同期比4・0%増の34億6700万円だった。昨年9月に発売した19年版の手帳の売り上げが伸長した。  「ほぼ日手帳」シリーズの売り上げは同7・2%増の23億500万円。昨シーズンの新商品「ほぼ日手帳weeksMEGA」や「ほぼ日5年手帳」、「ひきだしポーチ」が、売り上げに貢献した。19年度版のほぼ日手帳では、中国ユーザーに向けて「簡 ...
ページのトップへ