2017
2 25 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2017年2月23日

〈コールセンターのAI活用〉チャット接客でCS向上/大手クライアント中心に導入進む

*
ベル24の「OK SKY」によるAIの対話例
 コールセンター事業大手が、AI(人工知能)を活用したチャット接客サービスの提供を強めている。ベルシステム24ホールディングスは今年1月、クライアント企業が問い合わせ対応などに活用できるAI搭載型ソリューションの提供を開始。16年11月にAI技術を活用したウェブ接客サービスの空色(本社東京都、中嶋洋巳社長)と資本提携を結ぶなどこの分野の事業拡大を進めている。KDDIエボルバ、トランスコスモス、りらいあコミュニケーションズといった業界大手もAIを搭載したチャット接客サービスなどを強化している。ただ、現状は高い価格や応対精度がネックとなり、クライアント側は当面の導入に消極的だ。

アマゾン/日本売上1兆1600億円規模/円ベースで約17%増の成長率

 アマゾンの16年における日本事業の売上高は前期比30・6%増の107億9700万ドルだった。16年の平均為替レート(1ドル=約108円)で円換算すると、日本売り上げは1兆1660億7600万円となる。日本売り上げは円ベースで前期比約17%増の成長率とみられる。  売上高にはアマゾンの直販のほか、マーケットプレイスに出品する販売事業者の手数料収入、プライム会員の年会費、クラウドサービス「アマゾン ...

〈景品表示法〉日本サプリメントに措置命令/消費者庁が「優良誤認」と認定

 消費者庁は2月14日、健康食品通販会社の日本サプリメント(本社大阪府、増田毅社長)に対し、景品表示法に基づく措置命令を行った。消費者庁は、特定保健用食品(トクホ)の要件を満たしていない商品を「トクホ」として販売していたことを、「優良誤認」と認定した。  日本サプリメントは16年9月に、「関与成分の含有量が規格値を満たしていない」「関与成分がそもそも含まれていなかった」ことを理由に、トクホ6品目 ...
ページのトップへ