2017
9 24 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2017年9月21日

【専門EC事業者】”中の人”の発信力で売上拡大/〈バスリエ〉前年同月比27%増/〈NFL〉10年間で売上7倍

*
NFLの酒匂マネージャーはセミナー依頼も多い
 ネットショップの”中の人”が積極的に情報を発信することで、サービスの認知度や外部企業とのつながりが拡大し、売り上げが伸びる事例が出ている。バスグッズECを手掛けるバスリエ(本社千葉県)の松永武社長は、風呂の専門家としてメディアに引っ張りだこだ。ロフトや伊勢丹などの依頼で実施したリアルでの販売企画は盛況となり、ネットショップの認知度も向上。17年8月の月商は、前年同月比27・0%増となった。フォーマルウエアECのNFL(本社大阪府、川辺友之社長)で販売営業部マネージャーを務める酒匂雄二氏は、”SNSの達人”として知られている。SNSで「好き」を発信し続けることで、大ファンである人気声優とつながり、タキシードを進呈。徐々に有名人御用達のブランドとして知られるようになった。SNSで情報発信を始めた07年頃の年商と比べると現在は6~7倍に成長している。

アスクル17年6―8月期/「ロハコ」売上18%減/連結増収も火災の影響強く

 アスクルの17年6―8月期(第1四半期)の連結業績は売り上げが前年同期比0・6%増の810億6500万円だった。物流倉庫火災の影響が大きかった日用品ECサイト「LOHACO(ロハコ)」の売り上げは同17・5%減の80億7500万円だった。  営業利益は同5・0%減の11億5500万円、経常利益は同13・8%減の10億1400万円、純利益は同14・1%減の5億5400万円だった。  アスクルは ...

ユニクロ/AIとチャットEC/新たな購買体験で販促

 ユニクロ(本社山口県、柳井正社長)は9月20日、人工知能(AI)がチャットで商品を紹介し、ネット購入につなげるサービスの試験運用を開始した。来春には全ユーザーがスマホアプリで利用できるようにする。ユーザーに新たなショッピング体験を提案し、購買促進につなげたい考えだ。  AIコンシェルジュ「UNIQLO IQ(ユニクロ・アイキュー)」は、スマホアプリの新機能として2000人の会員限定で提供してい ...
ページのトップへ