2017
3 30 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2017年3月23日

〈和歌山県〉EC企業の勉強会が県の事業に/事業者間で協力しEC拡大

*
100社以上の会員を擁する「和歌山県eコマース研究会」
 和歌山県はこのほど、17年度予算に「eコマース推進事業」を盛り込むことを決定した。EC支援関連予算が盛り込まれたのは同県では初。これまで県内のEC事業者が主催してきた「和歌山県eコマース研究会」を、同県が資金的にも支援する。和歌山県では、既存のビジネスの縮小を受けて、創業家の2代目・3代目が主導するかたちで、ECに参入するケースが目立つ。そのためか、事業者間での情報交換や協業も活発。「eコマース研究会」もその表れの一つといえるだろう。

KDDIコマースフォワード/3年で流通総額1500億円へ/出店プラン改定で店舗数拡大図る

 通販モール「Wowma!(ワウマ)」を運営するKDDIコマースフォワード(本社東京都、八津川博史社長)は3月14日、出店者向けフォーラムを開催し、来期(18年3月期)の事業戦略を発表した。八津川社長は戦略共有会の中で、19年3月期に「ワウマ」の流通総額を現在の約4倍となる1500億円を目指すと明らかにした。顧客拡大のため、KDDIグループのサービスが保有する顧客接点の活用を推進。出店者数拡大に向けては7月に出店プランも大幅に改定する。

ほぼ日/ジャスダックに上場/約6億円調達、人材確保へ

 手帳などのネット通販を行うほぼ日は3月16日、東京証券取引所のジャスダック市場に上場した。糸井重里社長の知名度から買い注文が集まり、初日は初値が付かなかった。約6億円に達する調達資金は、新サービスの立ち上げや人材確保などに充てる計画だ。  ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を98年に開設した。サイト内で自社オリジナルの文具や雑貨などを販売している。16年8月期の売上高は37億6700万円。売り ...
ページのトップへ