2020
11 29 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2020年11月26日

【ファッションEC最前線】〈ファッションEC売上TOP110〉「ユニクロ」が圧倒的1位/コロナ禍にECシフト鮮明に

 本紙がまとめた「ファッションEC売上高ランキングTOP110」では、昨年に続きユニクロが1位だった。高い成長を維持し、2位のベイクルーズの2倍近い売上高を計上している。  ユニクロはコロナ禍で実店舗の営業が制限される中、スマホアプリなどを通してECの利用を促進した。実店舗を通してアプリ会員を拡大しており、アプリ限定価格をアピールして顧客の獲得に成功した。  実店舗中心の企業はECシフトを推進 ...

〈ファッションEC売上TOP110〉調査方法

 ファッションEC売上高ランキングは、19年9月~20年8月の間に迎えた決算期における、ファッションEC事業の通期売り上げをもとに作成した。モール型サイトは除外している。ファッション商材には、「アパレル」「下着」「靴」「バッグ」「アクセサリー」「ベビー服」「中古アパレル」などを含む。実店舗、商品卸、カタログ通販などを行う企業にはEC売上高を聞いた。 表の見方  ◇「※」は本紙推定、「- ...

【ファッションEC最前線〈最新トレンドに迫る〉】コロナ禍で自社ECが成長けん引

 成長率の高い企業を分析すると、自社ECサイトの売上比率が高いケースが多い。1位のユニクロは自社ECサイトの比率が100%。2位のベイクルーズはモール展開も行っているが、実店舗を生かしたオムニチャネル施策に注力した販売戦略を推進していたこともあり、自社ECサイトによる売上比率は77%と高い水準を保っている。  自社ECサイト比率が90%を超えているオンワードホールディングスは、ランキングに掲載し ...
ページのトップへ