2019
1 24 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2019年1月24日

〈メンズ化粧品動向〉アマゾンで新規獲得/臭い・皮脂など悩みにフォーカス

*
ZIGENの主力商品は「オールインワンフェイスジェル」
 メンズ化粧品通販を手掛ける企業が、アマゾンを販路に事業規模を拡大している。定期通販型で事業展開するHOLO BELL(ホロベル、本社埼玉県、徳山正一社長)は、新規顧客の60~70%をアマゾンで獲得している。オールインワンゲルなどを販売するZIGEN(ジゲン、本社福岡県、烏山友幸社長)は18年10月、アマゾンに出店。すでに売上高は、主力となる自社ECサイトの3割程度まで拡大している。メンズ化粧品各社は、体臭や皮脂の多さといった男性特有の悩みにアプローチする商品を展開。若い世代を中心に肌をケアする男性が増える中、今後もメンズ化粧品市場は拡大するとみられる。

【ストック型の支援団体発足〈日本サブスクリプションビジネス振興会〉】/3月までに会員300人獲得目指す

 一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会(本部東京都、佐川隼人代表理事)は1月23日、都内で設立記念パーティーを開催した。18年12月に設立した同会は、19年1月から本格始動している。リピーターによる定期的な取引によって売り上げが安定する、ストック型のサブスクリプションビジネスの振興を支援する。すでに会員は約100人おり、3月までに300人の会員獲得を目指す。

ゾゾ/割引価格の表示規則変更/新会員サービスへの反発に対応

 ゾゾは1月22日、ファッションECモール「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」の出店者向けに、有料会員サービスの割引価格表示ルールを変更する旨を案内した。一部の有力店舗には事前に案内していたようだ。ルール変更により、ブランドが希望すれば有料会員以外に割引価格を非表示にできるようにする。有料会員向けの割引サービスに反発するブランドなどに対応した措置だが、表示ルールの変更だけで”ゾゾ離れ”を食い止めるこ ...
ページのトップへ