2021
1 21 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2021年1月21日

〈住設訪販企業〉コロナ対策を営業に活用/再度の緊急事態宣言で対応強める

*
エイジー・ジャパンはクローザー専用のマスクを制作・配布
 政府が1月7日に発令した2度目の緊急事態宣言を受け、対面営業を強みとする各住設訪販企業は、昨年初めて発令された緊急事態宣言の時よりも、新型コロナウイルスの感染対策を入念に行っている。徹底した対策は消費者に安心感を与え、結果的に一つの営業の武器になっているためだ。昨年の緊急事態宣言の際は、商談のキャンセルや工事の延期が多く発生した経験から、各社は新規の営業とともに既存顧客の掘り起こしにも力を入れているようだ。

【特定商取引法】オンラインで書面交付が可能に/業界は歓迎、消費者団体は反発

 消費者庁は、連鎖販売取引や訪問販売においても電磁的方法で書面の交付が可能になるよう特定商取引法を改正する方針を示した。会期中の通常国会に改正案が提出される見通しだ。1月14日に開催された消費者委員会で明らかとなった。

北の達人コーポレーション21年2月期/売上高は91億円に/新規客増加、業績予想上方修正

 化粧品や健康食品のネット通販を手掛ける北の達人コーポレーションは1月14日、21年2月期業績予想の上方修正を発表した。売上高は前回予想を8億7200万円上回る91億円に修正した。ECモールやアフィリエイトでの集客が順調だったことで、新規顧客獲得件数が想定を上回り、売上高をけん引する。なお、利益予想については従来の予想を据え置いた。  20年3―11月期(第3四半期)累計期間において、新製品のリ ...
ページのトップへ