2022
1 29 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2022年1月27日

〈フレッシュドッグフード通販市場〉700%増の成長企業も/22年新たなスタンダードに

*
フレッシュドッグフードは冷凍が主流となっている
 近年、フレッシュドッグフード通販市場の成長が著しい。20年2月にフレッシュドッグフードのサブスク事業を開始したPETOKOTO(ペトコト)は、21年9月までの1年8カ月で、累計販売食数が500万食を突破。21年9月度の月間売上高は、前年同月比で700%増になったという。22年1月現在で、累計販売食数は900万食を目前にしているという。19年からフレッシュドッグフード「ココグルメ」の販売を行っているバイオフィリアは、21年中に累計販売食数が650万食を突破。21年には、商品を生産するOEM会社の数を増やし、増産体制を整えた。コロナ禍でペット需要が高まり、ペットの〝家族化〟が進んだことが、高付加価値なフレッシュドッグフードの需要の急拡大につながっているようだ。ペットの健康や長生きを図るために、「より安心・安全な食事をさせたい」「人間に近い食事をさせたい」と願う愛犬家が増えている。フレッシュドッグフードは、今後の新たなスタンダードになりそうだ。

【徹底解明】〈「ネット転売の光と影」〉年始に「福袋」の高額転売が横行

 フリマアプリの利用拡大に伴い、オンラインでの個人間取引はここ数年で大きく消費者に浸透した。不用品などの二次流通窓口としての活用が進む中、需要過多の商品などの「高額転売」が問題視されている。定価を上回る高額出品や営利目的による大量購入などは、メーカーと消費者との正当な販路を断絶させる一因にもなっている。EC業界の不透明なテーマを解き明かす連載企画「徹底解明」第2シリーズは、フリマアプリなどオンラインでの転売行為が持つ多面的な要素を明らかにしていく。

オイシックス・ラ・大地/Oisixで欠品、配送遅延/新物流センター移行で混乱

 オイシックス・ラ・大地(以下オイシックス)が展開する食品EC「Oisix」において、21年11月から稼働した神奈川県海老名市内の物流拠点「Oisix New海老名ステーション」で欠品や配送遅延が発生している。この影響で新規会員登録の受け付けも停止した。  オイシックスは1月21日に欠品や配送遅延が発生していることを公表。会員から寄せられた問い合わせへの対応をホームページに掲載した。  コロナ ...
ページのトップへ