2019
8 18 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2019年8月15日

【迫る消費増税】「冷え込み対策しない」6割超/キャッシュレス還元事業も登録ピークに

*
【無店舗販売企業 冷え込み対策について】
 10月1日の消費税率の引き上げまで残り2カ月弱となった。各社が増税前の駆け込み対策や増税後の対策の検討を行っているが、増税が与える市場のインパクトは「限定的」と考える無店舗販売企業が多いようだ。本紙がこのほど行った消費増税に関するアンケート調査結果によると、通販・訪販の無店舗販売実施企業85社のうち、「増税後の反動(冷え込み)の対策を行わない」としたのが64%の54社だった。(調査の詳細は24面)

【無店舗販売2018年度売上高ランキングトップ50】実質成長率6.9%増/連続首位アマゾンとの差広がる

 日本流通産業新聞は7月、無店舗販売企業(通販・訪販事業者)による2018年度(18年4月~19年3月に迎えた決算期)の売上高調査を実施した。上位50社の合計売上高は5兆8756億6300万円だった。前年と比較可能な29社で算出した実質成長率は6・9%だった。連続首位のアマゾンと2位以下の差は広がるばかりだ(通販・訪販別の売上高ランキングなど2~13面に関連記事)。  上位50社中、通販が41社 ...

ファンケル/キリンが筆頭株主に/シナジー創出へ資本業務提携

 ファンケルは8月6日、キリンホールディングス(HD)と同日付で資本業務提携を締結したと発表した。キリンHDは、ファンケルの創業者である池森賢二会長とその親族の株式を1293億円で取得。株式譲渡後、キリンHDの議決権割合は33・0%となりファンケルの筆頭株主になる。ファンケルはキリンHDの持分法適用会社となる予定。業務提携では両社の素材や技術力、インフラを生かしてシナジーを創出、新たな商品を開発す ...
ページのトップへ