2017
7 23 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2017年7月20日

ヤマト運輸/複数の物流企業に解約通告/値上げ交渉なく、一方的に

*
6月にB社に通知された解約書面
 九州福岡地区でヤマト運輸が、同社とこれまで取引のあった、複数の物流受託(3PL、※参照)企業に対して、一方的に取引解約の通知を行っていたことが分かった。本紙が取材した3社とも、ヤマト運輸側から、取引停止に向けた交渉はなかったという。解約の理由等が記された書面などは渡されず、口頭で解約を告げられただけという企業もあった。ヤマト運輸は4月28日付けで、ネット通販会社などの大口顧客に対して、9月に値上げを実施する旨の発表を行っている。だが今回は、値上げの交渉ではなく、一方的な取引の解約通告ということで、九州の3PL企業や通販会社に動揺が広がっている。

【揺らぐ機能性表示】〈下〉消費者庁「適切に対応している」

 本紙は、このほど複数の通販企業やOEMメーカーらに対し匿名を条件に、機能性表示食品制度の運用状況に対する〝不満〟や〝疑問〟について取材した。その結果、事業者サイドからは「届け出チェックに時間が掛かりすぎている」「小出しの指摘はやめてほしい」「時期や担当官によって見解が違う」などといった声が次々とあがった。本紙はその内容を消費者庁食品表示企画課にもぶつけた。

〈「打消し表示」〉消費者庁、景表法上の考え方示す/体験談「問題となるおそれある」

 消費者庁は7月14日、広告表現に用いられる「打消し表示」の実態調査の報告書を公表した。消費者庁は、調査の結果「多くの一般消費者が打消し表示を見落としている」「打消し表示を見ても内容を理解できないでいる」実態が明らかになったと報告。打消し表示の文字が見落としてしまうほど小さかったり、背景色と区別しにくかったりする場合に、「景品表示法上問題となるおそれがある」(大元慎二表示対策課長)などとする見解を ...
ページのトップへ