2020
11 29 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2020年11月26日

〈訪販・食品宅配大手〉人材採用が上向き基調に/コロナ禍で応募意欲が活発

*
「ヤクルト届けてネット」がYLを後方支援
 業務委託契約を中心とした販売員を抱える大手訪販企業や食品宅配企業では、新型コロナウイルスの影響を境に人材採用の環境が上向きの基調にある。ヤクルト本社は、離職率が大幅に改善したほか、新規採用も進んだことで今年7月に販売員「ヤクルトレディ(YL)」の数が増加に転じた。ダスキンでは、求人のウェブサイトを刷新。ダストコントロールなどの事業において、応募数がリニューアル前の約5倍、採用数は約3倍に増えた。業務委託契約の販売員が多い中で、正社員やパートといった雇用形態に応じた働き方を提供して、応募者の多様なニーズを取り込んでいる。

【流通春秋】2020年11月26日号

 ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」で、「ほぼ日」の糸井重里社長が連載しているコラム「今日のダーリン」を読んでいる。糸井社長が毎日更新しているショートエッセーだ▼11月24日の回は、「じっと家にいたら、静かなものだったけれど、ちょっと家に出ると大変な混雑だった」という書き出しで始まる。「人々は、恐る恐る外出しているというよりは、外に出ること、人といたり人と会ったりすることがたのしくてしょうがないと ...

【ファッションEC売上ランキング】「ユニクロ」が圧倒的1位/コロナ禍にECシフト鮮明に

 本紙の姉妹紙でEC向けの専門紙「日本ネット経済新聞」がまとめた「ファッションEC売上高ランキング」では、上位110社の実績をランキング形式で掲載している。本紙でも上位50社のランキングを紹介する。  昨年に続きユニクロが1位だった。高い成長を維持し、2位のベイクルーズの2倍近い売上高を計上している。  ユニクロはコロナ禍で実店舗の営業が制限される中、スマホアプリなどを通してECの利用を促進し ...
ページのトップへ