2021
6 14 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2021年6月10日

〈拡大する中国越境EC〉越境好調で月商3倍増も/ポイントは「知名度」と「市場把握」

*
アクアージアが展開するブランド
 中国向け越境ECで成長を遂げる企業が増えている。化粧品メーカーのアクシージアは、中国向けの越境ECを順調に拡大させており、現在では、売り上げの7割を中国向けECで挙げている。20年8月―21年1月期(第2四半期)の売上高が前年同期比23・4%の26億2800万円となるなど好調だ。現代アートをECで販売するTRiCERA(トライセラ、本社東京都、井口泰社長)は、20年9月以降、月商が前年同月比3倍増のペースで推移しているが、その半数が中国などの海外からの購入だという。中国向け越境ECを成功させるに当たっては、(1)いかに現地での知名度を高めるか(2)現地の市場の状況を正確に把握し、製品・サービスに反映できるか─が鍵を握りそうだ。

【2021年版ネット通販売上高ランキング】アマゾン直販は1.8兆円か/在宅需要捉えた食品や家電の増収目立つ

 本紙の姉妹紙でEC事業者向けの専門紙「日本ネット経済新聞」は6月、「ネット通販売上高ランキング」調査を行った。売り上げ調査対象は、20年4月~21年3月の間に迎えた決算期の数値。ランキングに掲載した500社のうち、本紙推定も含め、増収が確認できたのは146社だった。  1位のアマゾンの日本事業の売上高は、前期比27・9%増の2兆1652億円だった。この実績は、米アマゾン・ドットコムの20年12 ...

ジュピターショップチャンネル/物流センターを移転/来年4月、千葉・船橋で稼働

 テレビショッピング最大手のジュピターショップチャンネル(本社東京都、新森健之社長)は6月7日、千葉・船橋の新たな物流センターに移転し、22年4月から稼働を開始すると発表した。現在、国内5カ所にある物流拠点を1カ所に集約。倉庫内作業の自動化を推進するなど、業務効率化を図る。  「ショップチャンネル南船橋物流センター」は、船橋市内に竣工予定の三井不動産ロジスティクスパーク船橋III内5~8階に開設 ...
ページのトップへ