2020
10 23 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2020年10月22日

〈アパレル大手のEC事業〉ユニクロ、1000億円突破/2桁増収続出、自社ECが成長の鍵

*
決算発表を行うユニクロの柳井正社長
 アパレル大手の通期決算や第2四半期(中間期)決算の発表が出そろう中、EC売上高の2桁成長が続出している。20%台は当たり前で、60%増を記録する企業もある。アパレル最大手のユニクロ(本社山口県、柳井正社長)は20年8月期、初めてEC売上高が1000億円を突破した。成長率の高い企業を分析すると、自社ECサイトの売上比率が高いことが分かった。

〈「マクアケ」で開くEC市場〉/販路拡大・ファン作りに真価発揮

 オンラインでの販路開拓やファン作りのチャネルとして、クラウドファンディング(CF)を利用する企業が増えている。コロナ禍を受け、デジタル化やEC参入の糸口として、イベント事業者や飲食店がCFを活用するケースも多い。CFのプラットフォームとして存在感を高めているのが、マクアケが運営する「Makuake(マクアケ)」だ。13年のサービス開始後、掲載プロジェクトは累計で1万件を突破。「応援購入」という新たな価値観を広めるべく、事業を加速している。「マクアケ」を活用し事業展開に成功した事例を、三つの切り口からまとめた。

北の達人コーポレーション20年3―8月期/売上高45億円強/新規獲得増で予想を上回る

 健康美容商品のECを手掛ける北の達人コーポレーションが、10月15日に発表した20年3―8月期(中間期)決算によると、売上高は前年同期比9・2%減の45億9200万円だった。新規顧客獲得件数が想定を上回ったため、想定売上高の43億4500万円を5・7%上回る結果となった。  5月から6月にかけて、LINEやバズビデオなど大手広告媒体への広告出稿を開始。さらに、アフィリエイトによる獲得が好調だっ ...
ページのトップへ